post punk

CD/ALBUM
タイトル:post punk (SIGNAL008)
アーティスト:shotahirama
発売日:2014年1月23日
マスタリング:Yu Miyashita
ライナーノーツ:久保正樹
帯コメント:evala (port, ATAK)
ジャケットデザイン:SIGNALDADA
ジャケットフォト:kenhirama

『痙攣するグルーヴ!摩擦する粒子!パンクは死んでない』
音楽家・evala (port, ATAK)

『2014年、最初の衝撃』
ele-king / 執筆・デンシノオト
(web・2014年2月3日)

『ポストパンクを標ぼうしたshotahiramaの電子音楽作』
Sound & Recording Magazine
(雑誌・2014年4月号掲載)

『MORTE AO GLITCH JAPONES! VIVA O GLITCH JAPONES!』
VICE Magazine Portugal
(web・2014年4月掲載)

『現代におけるポストパンクの在り方』
intoxicate
(雑誌・2014年2月#108号掲載)

『超鋭利な音響が耳を劈くオルタナティヴ・エレクトロニクス』
Tower Records 渋谷店・ニューエイジフロア
(ショップ・2014年1月)

『キャリア史上最高傑作』
Tower Records 新宿店・ニューエイジフロア
(ショップ・2014年1月)

『ストイック』
Public Rhythm
(web・2014年1月28日)

『一切踊れないポストパンクミュージック』
RA / Resident Advisor
(web・2014年1月31日)

『粒子が飛び交い、ぶつかり合い、引き裂き合い、曲や音楽そのものが解体されて行く強烈盤』
京都 Meditations
(ショップ・2014年1月)

『リチャード・D・ジェームスと大友良英の間に産まれ落ちたミュータントのよう』
仙台 STORE15NOV
(ショップ・2014年1月)

『圧巻のブツ切り音響空間!』
香川 nm records
(ショップ・2014年1月)

evala (port,ATAK) や Ametsub が絶賛、Kangding Ray、AtomTMら raster-noton アーティストのジャパンツアーにも出演する各誌・各種メディア大注目の 新鋭音響家 shotahirama が3作品目となるソロアルバムを発表!

メロディは一切存在せず、パターン、ループ、低域、音楽性すらも排除された音響。驚愕のスピードで繰り広げられる1曲20分、オーバーダブ無しの単音発音のみで構成さ れた隙間ばかりの音楽は post punk と題され逸脱した唯一無二の電子音像を魅せる。

帯コメントはport、ATAKの奇才evala。ライナーノーツは音楽ライターの久保正樹が寄稿。

特典付き!
通常流通盤+特典CDR(Ikue Moriジャパンツアーでのライブ音源CDR)

track list:
1. Copernicus (17:26)

Music Video
https://www.youtube.com/watch?v=ZnX77eRN3FI

配送料無料!

¥ 1,728

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。